読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐藤慶樹の脱出ゲームについて思うこと

脱出ゲーム制作団体「トイカケボーズ」の佐藤が脱出ゲームについて思ったことを、制作者と参加者の両方の視点で書いてきます。

はじめに

はじめに 自己紹介

こんにちは。

佐藤慶樹(さとうよしき)と申します。

 

脱出ゲームが大好きな僧侶です。

好きが転じて制作までするようになってしまい、現在は「Toy×ボーズ(トイカケボーズ)」という脱出ゲーム制作団体の代表を務めさせていただいております。

 

団体を立ち上げたは良いものの、メンバーはほとんど僧侶です。

そして自分を除くメンバー全員、脱出ゲームの「だ」の字も知らないところからスタートしました。

 

このブログを始めた理由の一つは、うちのメンバーに向けて、脱出ゲームについて『制作者として』の自分が思うところを文章で残したいと思ったからです。

もう一つの理由は、脱出ゲームについて『参加者として』の自分が思うところを書き残すことで、参加するときの参考にしてもらったり、制作の参考にしてもらったりして欲しいなと思ったからです。

 

とにかく、脱出ゲームについて思いついたときに好き勝手に書いていこうと思いますので、どうかよろしくお願いします。